IT・SNSトラブル

トップページ > 相談内容 > IT・SNSトラブル

IT・SNSトラブルに関するQ&A

Web上の名誉棄損・プライバシー侵害(削除要請)

Web上の掲示板サイトに、私の名誉を棄損し、プライバシーを侵害する書き込みがあります。削除してもらうにはどうすればよいですか。

Web上での名誉毀損やプライバシーを受けた場合は、不法行為が成立します。この場合、名誉毀損やプライバシー侵害の書き込みをした者に損害賠償請求が認められるのは当然ですが、名誉毀損発言やプライバシー侵害を知りながら放置していたような場合は、Webサイトの管理者に対しても損害賠償請求が可能です。
そこで、権利侵害であることをWebサイトの管理者に対して通知して、削除の請求をし、削除に応じなければ損害賠償請求をすることになります。

Web上の名誉棄損・プライバシー侵害(損害賠償請求)

Web上の掲示板サイトに、私の名誉を棄損し、プライバシーを侵害する書き込みがあります。犯人をつきとめ、損害賠償請求をすることはできますか。

Web上の名誉毀損やプライバシー侵害に対して、権利侵害が明白で、損害賠償請求を行うような必要性がある場合は、書き込みをした者の一定の情報の開示請求が、プロバイダ責任制限法4条1項によって認められています。一般的に、Webの管理者は、書き込みをした者のIPアドレスくらいしか情報がありませんので、IPアドレスから書き込みをした者が利用しているプロバイダを特定して、さらに、プロバイダに対して発信者情報開示請求をすることになります。プロバイダは、利用契約などで利用者の住所・氏名等を保有していることが多いので、これによって犯人を突き止めることができます。

個人情報漏えい

インターネットであるサイトに登録した途端、様々な広告やメールが大量に送られてくるようになりました。個人情報を漏えいされたのではないかと心配なのですが、どうすればいいですか?

個人情報取扱事業者に対しては、個人情報保護法に基づき保有する個人データの「開示」「訂正」「利用停止」などを求めることが出来ます。
情報に誤りがあれば、訂正を求めることが出来ますし、目的外(個人情報提供時に同意した目的)の利用であれば「利用停止」を求めることが出来ます。
これ以外にも、個人情報の漏えいで何らかの損害が発生すれば、損害賠償請求することも可能です。 但し、一旦個人情報が流出すれば、その情報をネット上から完全に消去することはほぼ不可能です。個人情報を提供する際には、信用できる業者かどうか、慎重に見極める必要があります。

まずはこちらまでお電話を...
06-6364-1248
(予約受付時間)平日 午前9時〜午後8時
土曜 午前10時〜午後3時30分