弁護士費用

●弁護士費用って高いんでしょ・・・

 と思われる方がいるかもしれませんが、それは先入観にすぎません。たとえば、大阪弁護士会/遺言相続センターでは遺言書作成手数料を原則として10万円(税別)としていますが、これは、他の金融機関や司法書士・行政書士と比べても安いと思います。

●弁護士費用が高いと思われる理由

 一般にはほとんど知られていませんが、弁護士にかかる費用には弁護士報酬と手数料の区別があります。このうち弁護士報酬は紛争性がある場合のことで、手数料は紛争性がない場合のことです。
 紛争性がある場合とは、遺産分割の交渉・調停・審判、遺留分減殺請求の調停・訴訟など相手と争う場合のことで、なるほどそうしたケースでは、長期間にわたり法律を駆使して立証活動をしなければなりませんから、経済的金額の多寡に応じて、弁護士報酬の額が高くなることがあります。しかし、これに対して遺言書作成や遺言執行者を弁護士に依頼する場合は、紛争性がないため、手数料も低く抑えられています。
 ところが、最近見受けられる雑誌や週刊誌などの相続特集記事では、この区別がついておらず、一方的に、紛争性のないケースでも弁護士報酬が高いとしているのです。

弁護士に依頼される場合には

 そうはいっても、弁護士の費用がわかりにくいことには違いありません。もし、弁護士に事案を依頼するのであれば、事前に弁護士に費用の根拠や内容を尋ね、はっきりと理解してから委任契約書等の契約書を締結されるようお願いします。